2008-10-11

初(?)の野外ロケw



↑【使用前】
フロントのストラット・アッパーマウントはM8のフランジナット(ツバ付きのゆるみ止めナット)×3個でボディに固定されています。




↑【マウントのボルト】
フランジナットを取りはずすと・・アッパーマウントのボルトは10mm程飛び出ています。




↑【アルミのベースを載せる】
アルミ製ストラット・タワーバーのベースを載せてみると・・ベースの厚みでボルトにナットが「かからず」、前回はココで「挫折」・・・・ orz
#本来は「専用の固定ナット」があるらしぃ。




↑【ここで特殊ナット登場!!】
前記事のvespa用ハブナット。O2センサレンチを流用して・・トルクレンチにて25Nmで締め付け。
#専用の添付品であったかのように完璧にFit♪




↑【反対側からのShot】
こんな感じで、フロントストラット・タワーバーの取り付けが無事に完了☆

~’89.7月製造の車体なので・・かなり「やつれて」ますけどw
 

2 comments:

Ryuji said...

すごい、すごい!
見けた上に、ぴったりこで!

くましろ said...

さすがに十数年前のチューニングパーツは新品では入手出来ないし。。クルマ関係も「あるうちに買っとけ」が基本のようですw
#アルミをインチアップしようにもオフセットまでピッタリの物はあまり出てこないし(鬱